大人気「Deep Rock Galactic」がボードゲームに!!

Deep Rock Galactic: The Board Game Kickstarter

Rock and Stoooooone!!!!

こんにちは、カヤです。
今回、はじめてKickstarterの記事を書いてみることにしました。
(…とかいいつつ、ニュースを翻訳しただけですが)

なんで急に書けもしない記事を書こうと思ったのかって?
そんなの決まっています!

Steamで大ハマりしている『Deep Rock Galactic』がボードゲームになるからです!!!

まずはSteam版『Deep Rock Galactic』について

Deep Rock Galacticは、1-4人の協力プレイが最高に楽しいFPSゲームです。

主役は大胆不敵なスペースドワーフ!
酒を飲んで踊り、ほぼ100パー破壊可能で毎回ランダム生成の洞窟に潜って、ウジャウジャ湧いてくる異世界モンスターを蹴散らしながら鉱石を掘り出し、そして一仕事終えたあとにまた酒を飲む。

万が一、帰りのロケットに乗り遅れたら……!!?

わたしがドワーフ好きになるきっかけを作ったゲーム。
このゲームをするまで、ドワーフの髭が重要なおしゃれアイテムだなんて思いもしませんでした…。

Steamの評判※2021年10月時点
・最近のレビュー:非常に好評(1,798)
・全てのレビュー:圧倒的に好評(78,396)

そしてメタストアは85と大好評!!

まだプレイしたことのない人はぜひ!!!

Deep Rock Galactic: The Board Game

▼Steam News

Deep Rock Galactic - Deep Rock Galactic: The Board Game - Steam News
Hello, Miners! We are finally able to reveal a “small” side project that has been in the works since the beginning of 2021. And yes, as some you have guessed, w...



ここからは、2021年10月1日にSteamで上がったニュースを、自分なりに翻訳してみました。




鉱山労働者の皆さん、こんにちは!

2021年の初めから取り組んできた「小さな」サイドプロジェクトを、ようやく公開することができました。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、私たちは「Deep Rock Galactic」のボードゲーム化を行っています。
この背景を説明するために、私たちのCEOであり共同設立者であるSøren Lundgaardがこのブログ記事を用意してくれました。

この先をお読みになる前に、こちらのプレ・キックスターターのページをご覧いただき、来年のキックスターターが開始された際には、ぜひお知らせに登録してください。
抽選で1名様にプレゼントもあります!

アイデアからボードゲームまで

コンピュータゲームだけでなく、私たちGhost Shipのスタッフはボードゲームが大好きで、最初からボードゲーム化を夢見ていました。
2020年11月のことですが、仲良しの出版社MOODからボードゲームの企画協力のメールが届き、すぐに「Yes!」返信しました。
さらに、友人でありプロのボードゲームデザイナーであるOle Steiness氏にも参加してもらうことにしました。
Ole氏は、いくつかのボードゲームをリリースしており、そのうちの1つ『Champions of Midgard』はBoard Game Geekのトップ100に入っています。

Amazon.com: Grey Fox Games Champions of Midgard Strategy Board Game, 60-90 minute playing time, Ages 10 and up, 2-4 players, Dice-Driven Combat to Gain the Most Glory & Become the Next Jarl : Toys & Games
Buy Grey Fox Games Champions of Midgard Strategy Board Game, 60-90 minute playing time, Ages 10 and up, 2-4 players, Dice-Driven Combat to Gain the Most Glory &...

まずプロトタイプを作り、Kickstarterで興味を持ってもらい、生産規模を拡大していくことを考えています。
この方法は、ボードゲーム業界では、コンピュータゲームよりもずっとうまくいっているようです。

では、これは良いアイデアなのでしょうか?

このようなプロジェクトに着手する前に、少し調べておくことは良いことだと思います。
私は、コンピュータゲームのIPをベースにして作られたボードゲームの数を知りたかったのですが、具体的にはKickstarterで発売され、成功したものもそうでないものもありました。
そこで、Kickstarterのページをくまなく見て、コンピュータゲーム・IP関連のプロジェクトをすべてリストアップしました。

では、この調査から何がわかったのでしょうか。
これは、実際に目標を達成できなかったゲームがほとんどないことを示しており、安心感がありました。
また、これらのゲームがどの程度の重さなのかを知りたかったのですが、ボードゲームの中では重めの部類に属しているようでした。
また、Board Game Geekでの評価を見ると、ボードゲーム界を揺るがすような作品を期待してはいけないことがわかりました。
IPに拘束され、コミュニティの期待に応えようと頑張ることが、必ずしもデザインの傑作につながるとは限りません。
当然のことながら、成功したKickstartersの多くは、クールなミニチュアのセレクションを提供するゲームを持っていました。これは、Deep Rock Galacticにとっても好都合でした。

最終的には、このプロジェクトは実行可能であるという結論に達し、試作品の製作を開始することになりました。

ドリラーのプレイヤーマットとカード、トークンのプロトタイプ。
ドリラーのプレイヤーマットとカード、トークンのプロトタイプ。

面白さの追求

最初の数回の試作品は、正直言ってあまり面白くありませんでした。
Deep Rock Galacticのボードゲームがもたらすユニークな要素を探すために、様々なことを試していました。
ゲームの核となるのは、1~4人で協力してプレイするダンジョン探索ゲームであることに疑いの余地はなく、他の協力型ボードゲームの優れたデザイン原則を採用することを恐れていませんでした。
最初のプロトタイプでは、Deep Rock Galacticのトラバーサルと探索の部分にかなり力を入れていて、見た目はとてもクールだったのですが、結果的にはあまりにも手こずってしまいました。
そこで、洞窟のレイアウトや大きさを試行錯誤しながらも、戦闘に重点を置くことにしました。

ランダムレイアウトとトラバーサルに焦点を当てた非常に初期のプロトタイプ。
ランダムレイアウトとトラバーサルに焦点を当てた非常に初期のプロトタイプ。

プロトタイプの段階では、地形を掘り下げる機能を何度も試しました。
そして、これこそがこのゲームが協力プレイのダンジョン探索ゲームにもたらすユニークな点であると考えました。
洞窟はあらかじめ配置されていますが、あらかじめ接続されているわけではありません。
プレイヤーは自分でトンネルを作り、それが敵やプレイヤーの動きにどのような影響を与えるかを考えることになります。
しかし、それ以外にも解決しなければならない問題がたくさんありました。

洞窟のデザインレイアウトに近いもの
この試作品は、最終的には洞窟のデザインレイアウトに近いものになっています。

Co-opのRock and Stone

コンピュータゲームのように、プレイヤー同士のコラボレーションを重要視し、体験を形成したいと考えました。
ここではクラス間の相乗効果が役立ちましたが、デジタルゲームのように顕著ではありませんでした。
これは、トラバースに重点を置いたこともありますが、Co-opゲームの純粋な感覚を高めるためには、何かスパイスが必要だと考えました。
また、プレイヤーにゲームのロールプレイを楽しんでもらいたいと思い、Rock And Stoneのカードセットという形で解決しました。

コンピュータゲームで「Rock And Stone」と叫んでも、実際にはゲームに影響はありませんが、ボードゲームで実際に何かが起こるとしたら、クールだと思いました。
また、Co-opの観点から、Rock and Stoneのカードは常に仲間のドワーフを助けるためのものにすることにしました。
コンピュータゲームのように、プレイヤー同士のコラボレーションを重要視し、体験を形成したいと考えました。
特に、「Rock and Stone」のセリフを声に出して言わないとカードの効果が出ないというルールでプレイすると、とてもうまくいきました 🙂

Rock and Stoneカードの制作過程の一部
Rock and Stoneカードの制作過程の一部

ミッション vs キャンペーン

当初、このゲームは小規模なミッションを連続してプレイするキャンペーンになると考えていましたが、ミッションの間にキャラクターの改善や進歩がありました。
それがコンピュータゲームの仕組みであり、他の協力型ボードゲームでも実現しています。
しかし、プレイしていくうちに、進行の一部はミッションの中で行われるべきだと思うようになりました。
この感覚は、ミッションがそれほど短くないことにも起因していて、4人で1つのミッションをプレイすると1~2時間くらいかかるように見えました。
ランダムイベントカード、さまざまなミッションタイプ、柔軟なレイアウト、そしてこのミッション内プログレッションとともに、キャンペーン中心ではなく、シングルミッションのデザインへとどんどん移行していきました。

もちろん、複数のミッションを連続してプレイし、そこからストーリーを形成することには何の抵抗もありません。
しかし、私たちは1つのミッションに集中することで、それ自体が楽しいチャレンジになるようにしました。
そして後になって、ミニキャンペーンの拡張機能を作るかもしれません。
デジタルゲームと同様に、ボードゲームもすぐに拡張性があることがわかりました。

Ghost Shipのオフィスでプロトタイプのプレイテスト
Ghost Shipのオフィスでプロトタイプのプレイテスト。ドワーフを置き去りにしないで!

モックアップからプロダクションまで

ボードゲームのデザインを始めるときは、自分の道具箱にあるものを何でも使って進めていました。
プレイテストの際、デザイナーのOleは、他のボードゲームから集めたモックアップのトークンやミニチュアを常に箱に入れていて、ゲームの展開を想像するのに役立ちました。
プロトタイプのゲーム性が向上するにつれ、MOOD社の友人たちは、ゲームの完成形に近いトークンやボードの要素を提供してくれるようになりました。
しかし、ミニチュアの場合は、詳細なモデリングと3Dプリントが必要なため、時間がかかります。
そのため、試作品の中のいくつかを使ってテストしています。
最終的には、工場で金型を使ってミニチュアを作りますので、必要な数だけ高品質で作ることができます。

このプロジェクトの面白さは、デジタル製品でしかないDeep Rock Galacticを物理的に表現できることにあります。
個人的には、DRGのミニチュアを詰め込んだ立派なボードゲームの箱を、すでに増えすぎたボードゲームの棚に置くことをとても楽しみにしています。

MOODのオフィスで、進行中のボードアートを使ってプレイ
MOODのオフィスで、進行中のボードアートを使ってプレイしてみました。

よし、欲しいぞー!いつできるの?

今のところ、はっきりとした答えは出ていません。
現在、非常に良い試作品ができており、すべてが順調に進んでいますが、まだまだ先は長いです。
まず、Kickstarterを実施し(それが始まるのは来年以降になるでしょう)、その後、実際の生産計画を立てます。
工場で生産され、梱包された箱は、世界中の支援者に向けて発送されます。
また、スエズのように、どこかで立ち往生してしまう危険性もあります。
だから、この件に関しては我慢する必要があるでしょう。

今のところ、こちらのプレ・キックスターターのページでサインアップできますし、もちろんお友達にもお知らせください。
ご登録いただくと、抽選で1名様にプレゼントが当たります!

Rock and Stoneをボードに!

愛を込めて
Søren Lundgaard、Ghost Ship GamesのCEO

おまけ情報:個人的に好きな協力型ボードゲームは「Gloomhaven」、「Aeon’s End」、「Defenders of the Realm」、「Robinson Crusoe」、「Spirit Island」です。

かやのつぶやき

どうやらまだ具体的な予定は立っていないようですが、Deep Rock Galactic独特の縦横無尽に掘り進める様子もしっかり考えられているようで、今からわくわくが止まりません!
Rock and Stoooooone!!!!」と叫びながらカードを繰り出せるその日まで、わたしは応援し続けたいと思います。

また新情報が出たらご報告しますので、それまではSteam版で「Rock and Stoooooone!!!!」と叫びましょう!

みなさんご一緒に
Rock and Stoooooone!!!!

タイトルとURLをコピーしました